消費カロリーの計算方法|男性および女性の1日の平均カロリー

*

消費カロリーの計算方法|男性および女性の1日の平均カロリー

一日あたりの消費カロリーの計算方法

ダイエットをするためや健康を維持するためには、摂取カロリーを抑えれば良いというイメージがありますが、一日の消費カロリーを知ることで、どの程度のカロリーを摂取したら良いのかを知ることが出来ます。

そこで、一日あたりの消費カロリーの計算方法を紹介します。

一日あたりの消費カロリーの目安としては、体重に30を掛けることで計算することが出来ます。

この計算方法で求めることが出来るのはあくまでも目安ですので、普段多く活動をしているという場合には、より多くのカロリーを消費しているでしょうし、それほど運動などを行わないという場合には、消費カロリーは少なくなるでしょう。

また、身長によっても、異なりますので、注意が必要です。

より簡単に計算をすることが出来る方法として、計算ツールを利用するという方法があります。

この方法であれば、必要事項を入力するだけで簡単に一日あたりの消費するであろうカロリーを知ることが出来ます。

痩せたいという場合には、算出されたカロリーよりも摂取カロリーを少なくするようにしましょう。

ただし、少なくしすぎてしまうと、体調を崩してしまうこともありますので、急に食べる量を減らすことは避けるようにしましょう。

男性および女性の1日の平均的な消費カロリー

1日の消費カロリーは、基礎代謝と運動などで消費されるカロリーを合わせたものです。

身体を動かすことによる消費カロリーの平均は、仕事内容や運動習慣によって大きく左右されるため一概には言えませんが、基礎代謝は厚生労働省が基準値を公表しています。

基礎代謝とは心臓や肺などの臓器を動かしたり、体温を一定に保つために消費されるカロリーで、1日中なにもせずに過ごしていても消費されるカロリーのことです。

筋肉が多かったり、体重が重いほうが基礎代謝が高くなるため、生物的に筋肉が多く、身体も大きい男性の方が基礎代謝が高い傾向にあります。

10代をピークとして年齢を重ねるごとに基礎代謝は落ちていき、体重1kgあたりの平均基礎代謝は18~29歳の男性で24キロカロリー、女性で23.5キロカロリーで、30~49歳では男性で22.3キロカロリー、女性で21.7キロカロリーとなります。

例えば35歳の女性で体重が50kgだとすると、平均基礎代謝は50×21.7=1085キロカロリーです。

つまり、基礎代謝が分かれば一日の最低消費カロリーを知ることができ、そこに1日の生活で消費されるカロリーを合わせれば、およその消費カロリーを算出することができます。

自転車とジョギング、ウォーキング、消費カロリーが大きいのはどれ

自転車とジョギング、そしてウォーキングの三つは手軽にできる運動であり、毎日の生活に取り入れて消費カロリーをコントロールできるものです。

ですがいずれも身近なものである分「どれが一番消費カロリーが多いのか」ということはよく疑問とされる部分です。

ではこの三つのスポーツの中で消費カロリーが最も多いものは何なのかというと、同じ時間、継続して行うと仮定した場合には自転車が最も消費カロリーが多いとされています。

仮に体重70キロの男性が時速20キロで2時間自転車をこいだ場合、そこで消費されるカロリーは1120キロカロリーです。

これに対して同条件のジョギングの場合は840キロカロリー、ウォーキングの場合は540キロカロリーと、かなり大きな差があります。

特にウォーキングと比較すると2倍以上の差がありますから、やはり自転車が最も消費カロリーが多いと言って良いでしょう。

ただ少々問題になるのは、自転車にただ2時間乗るという条件とジョギングを2時間行うということを同一に扱うのは現実的ではない点です。

一応こうした順位付けはできるものの、自分の環境を一度チェックしてみて、問題なく生活に取り入れられそうなものを継続して行うことを目標にすると良いでしょう。

参考サイト

カロリー計算も重要ですが、きちんと運動なども行うようにしましょう。

そのような努力が重なれば、理想の体重を手に入れることができると思います。

こちらのサイトでも詳しく説明していますのでどうぞ。

生漢煎と楽天